認定医による安心の治療 - 吉祥寺 ひおき矯正歯科

日本矯正歯科学会の認定医による安心の治療

 矯正歯科と看板に書いてあっても矯正歯科治療の専門的な知識がある歯科医が在籍する医療機関とは限りません。というのは、現在の日本の法律では、歯科医師であれば法律上どの専門分野の治療をしても良いことになっているからです。矯正歯科の需要の高まりとともに十分なトレーニングを受けていない“自称”矯正医が増え、矯正治療の質に対して危惧される状況となりました。
 そこで、日本矯正歯科学会が、矯正歯科医の技術と経験を認定し、資格証を発行することによって、これを元に広く患者さんが医療機関を選ぶための基準を提供しようとしているのが認定医制度です。「認定医」になるには、定められた教育機関で5年以上矯正歯科に専門に従事することや、学会誌に論文を発表すること、学会が定める試験に合格することなどが最低条件となります。
popup_image01.jpg また、矯正医をめざす研修医を指導監督する特別の教官資格として、日本矯正歯科学会「指導医」という制度を敷いています。指導医になるには、大学の矯正歯科において教育指導歴があるとともに、学会の定める試験に合格することが必要です。
 当院院長は「指導医」「認定医」の資格を所有しております。また、日本歯科大学の教授として矯正歯科教育や診療に長年携わってまいりました。安心して矯正治療を受けていただける医院として患者さんに支持して頂いております。


吉祥寺・ひおき矯正歯科